【2017年製】 215/45R18 ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイールセット 4本 YOKOHAMA ECOS レオニスWX 18-7.0J


 >  > 【2017年製】 215/45R18 ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイールセット 4本 YOKOHAMA ECOS レオニスWX 18-7.0J
SUNSTAR リアスプロケット 525-40T CBR600F4i/9RR00 《サンスター RH-116-40》
プロジェクトミュー ブレーキパッド NS-C NSC フロント用 クラウン GS171 99.9~ 送料無料 RDmoto アールディーモト ガード・スライダー エンジンクラッシュスライダー・ガード(Engine crash sliders) アルマイトカラー:オレンジアルマイト

 
 

▼2018年
第7回ツール・ド・三陸 特集番組…制作&提供:テレビ岩手

▼2017年
第6回ツール・ド・三陸の様子をまとめた映像…制作&提供:橋本謙司

▼2016年
ツール・ド・三陸のイメージ映像…提供「Run & Ride TOHOKU」

 
 
応援メッセージ 2018年
 

【2017年製】 215/45R18 ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイールセット 4本 DAYTONA YOKOHAMA ECOS レオニスWX スターク 18-7.0J

さん(グッド・チャリズム宣言プロジェクト・リーダー/大会応援団長)
なんとか第7回開催までこぎつけたツール・ド・三陸なのですが、今回は「陸前高田のまちびらき」イベントと合同で開催される予定とのこと。僕はこれがとても意義深く感じられ 【USA在庫あり】 バーテックス Vertex 鋳造ピストンキット 18年 YZ450F 96.95mm 0910-5191 JP店、うれしい限りです。
この「まちびらき」は、陸前高田のまちにおいては、復興 【メーカー在庫あり】 アクティブ ACTIVE 車種専用スロットルキット TYPE-3 巻取径φ36 06年-07年 GSXR600 ステンレス/黒 1067051SU JP店、復興と叫ばれていたステージから、次の局面(まちの再生の第1歩)に入った、ということであると思います。これから、地元が主体的に「こうなりたい」と思う気持ちが、どんどん強くなって欲しいです。
また、ツール・ド・三陸自身も、もはや復興支援イベントではなく、新しいまちのカルチャーの一部として、再スタートを切ったとも言えるのではないでしょうか。
ここまで来たツールド三陸、そして陸前高田のまちが、次のステージに進むことを、僕は全力で応援したいと思います。
なお ☆【AlphaIndustries】ALVH-1421 ジェットヘルメット”COBRAII”コブラ2 アルファインダストリーズ ミリタリー ビクトリーキス VictoryKiss【バイク用品】、今回も当日参加予定でしたが、事情があり、不参加になりそうです。
たとえ遠くからでも、熱いエールをたくさん送りたいと思います。

YOKOHAMA サマータイヤ ホイールセット ES31 18-7.0J ECOS ヨコハマ レオニスWX レオニスWX エコス 4本 4本 215/45R18 【2017年製】

 
 

日向 涼子

さん(モデル/大会ホストライダー)
皆さんは「東日本大震災」というフレーズを聞いて、今どのように感じますか?
「どうでもいい」「自分には関係ない」という方はいないと思います。
ただ、「直後は自分にできる支援をしたけれど、最近は…」という方は少なくないのではないでしょうか。
ニュースで見るたび、なんとなく申し訳ない気持ちになっていませんか?
少なくとも、私自身はそうです。
でも、大会や試走で足を運び、地元の方々とふれあうと 【メーカー在庫あり】 トラスコ中山(株) TRUSCO HV-6用フランジ FLT-0 JP、少し救われます。
日常に戻り、スーパーやレストランで三陸の食材を見かけた時に、近い存在なのだと気づきます。
決して遠くで起きたことではなく、私たちの身に起きたことなのです。
これまで足を運んでくださった方々、今年も復興の姿を見て、発信しましょう。
足を運ぶ機会がなかった方、『ツール・ド・三陸』は地元の魅力がギュッと凝縮されているので、初めてでも Dimotiv ディモーティヴ アジャスタブルショートレバー ブレーキ/クラッチセット タイプ3 エクステンションカラー:シルバー ボディーカラー:ダークグリーン(アジャスターカラー:シルバー) CBR1000RR、

【2017年製】 215/45R18 ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイールセット 4本 YOKOHAMA ECOS レオニスWX 18-7.0J,[#tong##]


、久しぶりでも、とてもわかりやすく楽しい大会だと自負しています。
「今さら…」ではなく、「今でしょ!」

皆さんのご参加をお待ちしております。
 
大会開催にあたって 2018年
 
陸前高田市長/ツール・ド・三陸 実行委員会名誉会長

戸羽 太

東日本大震災から8年目を迎えました。
これまで、国内外のたくさんの方々から温かいご支援や励ましを賜り、心より感謝申しあげます。

そしてこの度「ツール・ド・三陸inりくぜんたかた・おおふなと」が 、多くの企業・団体・支援者のご協力のもと、陸前高田市並びに大船渡市で開催されます。

スポーツ、文化、そして国際親善の発展のためにも、安全・安心などに配慮した計画に基づいた質の高いおもてなしで各地域から集う参加者が最高のパフォーマンスを発揮してもらえるよう準備を進めてまいります。

成功には、地域の方々をはじめ、たくさんの方々のご理解及びご協力が必要です。震災復興を成し遂げようとする「元気な姿」を自然豊かな陸前高田から世界へ発信してまいりたいと思います。

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
 
 
ツール・ド・三陸の姉妹大会について
2019年5月19日(日)に、

【2017年製】 215/45R18 ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイールセット 4本 YOKOHAMA ECOS レオニスWX 18-7.0J

、ツール・ド・三陸が姉妹大会として応援している「おおつち新山高原ヒルクライム2019/ツール・ド・三陸 おおつちstage」が開催されます。
公式ホームページ:http://www.facebook.com/shinyamakogenhillclimb2015
 
 
準備中
 
 
 
準備中
 
 
 
準備中
 
 
 
準備中
 
 
 
NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス
 
 
<Facebook>
Rikuzentakata / がんばっぺし陸前高田【陸前高田市】
 
ツール・ド・三陸2019事務局
お問い合わせは以下のメールアドレスまでお願い致します。
Mail:info@tour-de-sanriku.com
 

TOP大会概要大会規約コース紹介フォトレポート応援メッセージスケジュールQ&A大会エントリー現地見学会ボランティア募集・お問い合わせサイトマップ

{yahoojp} {tour-de-sanriku.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-43349