DAYTONA (47714) デイトナ GIVIエアロスクリーン F650GS('00~'03)

多くの元型のうちで、その人の個人的な心的内容と関連性が深く、したがって理解しやすいものが影である。影の内容は簡単に言って、その個人の意識として生きられなかった半面、その個人が許容しがたいとしている心的内容であり、文字通り、そのひとの暗い影の部分をなしている。我々の意識は一種の価値体系をもっており、その体系と相容れぬものは無意識かに抑圧しようとする傾向がある。たとえば、子どものころから大人しく育てられ、攻撃的なことをいっさいしないようにしてきたひとにとって、少しでも攻撃的なことは、その意識体系をおびやかすものとして、すべて悪いこととして斥けられる。この際、このひとの影は非常に攻撃的な性質をもったものとなる。また、実際生きてゆく上において、一般に、人々は他人を傷つけるとか、極端に人をとか、下品なことを公衆の面前で話すとか、のようなことはしないでいる。

このような一般に社会で悪と言われていることは、影の大きい部分でもある。悪の部分は比較的万人に共通しているが、個人によって価値体系や生き方が異なるように、その影も、非常に個人的な色彩が濃い面もある。しかし、このような影があってこそ、我々に人間に、生きた人間としての味が生じるのであって、ユングも「生きた形態は、塑像(粘土や石膏(せっこう)を材料として作った像)として見えるためには深い影を必要とする。影がなくては、それは平板な幻影にすぎない」と述べている。影のないひとは、いかに輝いて見えても、我々はその人間味のなさにたじろぐことであろう。ここでもユングの心の相補性理論がみられ、ユング心理学に興味のある我々はさらに理解を深くすることと思う。河合氏はシャミッソーの「影をなくした男」を例として紹介しているが、著者はル=グウィンのゲド戦記の1巻、影との戦いを紹介したい。

主人公のハイタカ(ゲド)は、実力のある傲慢な魔導士の少年であったが、ライバルを蹴散らすため、ある禁呪の詠唱をしてしまう。そこから正体不明の敵が現れ DIXCEL/ディクセル ブレーキディスクローター HS リア用 トヨタ CROWN クラウン 年式87/9~89/8 型式GS131 HS315 9092S Engine [1G-GZE]、人々を襲い、ゲドはその敵を始末するため、海を渡って、人がほとんど住んでいない島についたり Ken’s factory ケンズファクトリー 充電器 【Antigravity】Micro Start XP-1、いろいろな冒険をして戦うのだが、最後に正体不明の敵が自分自身の影であることを認め、「お前は俺だ、ゲド」といって抱擁する。もちろんゲド自身、この戦闘が終了するころにはかなりの精神的成長がみられ、2巻、3巻は賢人として活躍する。ル=グウィンは、元型について、深い理解があったと思われ、したがって、宮崎アニメのゲド戦記が王子の聖剣で悪人を倒すことで平和がもたらされるという自身のゲド戦記のテーマと全く異なる陳腐な内容に対して、とても残念だと語っている。(実際はよりオブラートに包んだ言い方をしている。テルーの歌の透き通った歌声やドラゴンの絵画的描写については称賛している。)

河合氏はある統合失調症患者が夢の中で、自分の影が勝手に窓の外を歩いてゆくのを見たという。自分の影がコントロールを離れて歩き回るのは非常に危険きわまりないことである。ジキル博士の影であるハイド氏が勝手に歩き回る例を想像するとわかりやすい。精神分析(心理治療)を受け始めると、ほとんどの人がこの影の問題にぶち当たる。自分の生きてこなかった半面、いわば自分の黒い分身は、夢の中では、自分と同性(同性別)の人間として現れることが多い。たとえば、次に、ある三十歳の赤面恐怖の気の弱い男性の夢の例をあげる。

夢 教室で勉強している。数学の時間で先生が私に質問をする。私は答えようとするが、全然思いつかない。先生は非常に意地悪い顔つきで、こんなものがわからないのかといい、しまいには「君はいつもこんな調子で、結局顔は赤くなるし、物は言えないし」という。ほかの学生たちまで、それに呼応して、「赤くなる!」とか、「何もできない!」とか叫びだし、私は冷や汗を流して、目を覚ます。

この夢を見た人は、小さい時から、人に意地悪をしたり、権威的な態度をとったりすることが大嫌いで、また、そんなことは決してできなかったひとである。このひとが自分の意識体系から完全に締め出してきたものが、この夢では総出演して、この人を脅かしている。連想の内容から、この先生像は父親の像とも関連の深いことがわかったが、分析の初期にあっては、このように影の像が、両親の否定的な面と重なって出てくることが多い(分析が進むにしたがって、それらは分化され、明確化される)。さて、この人はこの夢によって、自分がひたすら嫌ってきた意地悪さや、攻撃性が実は自分の無意識の世界に強力に充満していることを知らされ、それに直面しなくてはならないことを知らされる。今の場合、抑圧されていたもの(影)は、確かに一般にもあまり承認しがたいものであるが、この人の場合がそうであるように、影は一面的なわかりやすい悪とは限らない。次に、もう少し分析の進んだ段階での他のひと(25歳の男性)の夢を示す。

夢 が何か反社会的なことをしたため逮捕されることになる。夢の中では、これは武士の時代のようになっていて、兄は拘引されるよりは切腹を希望する。私もそれを当然とおもっている。ところが、切腹の時になって私は「死」の意味することがはっきりとわかり、必死になって兄を止める。「死なないで、ともかくどんなことがあってもとにかく生きてさえいれば、会うこともできるし話し合いもできる。死んだらおしまいだ、死なないで!」と私は叫ぶ。

この夢を見た男性は、何事も割り切って考え、あまり無理なことをしないのを信条にしてきた人である。社会で決められたことは守り DAD ギャルソン E11 ノート ラグジュアリー カーテンキット コレクション DADモノグラムデザインセット 1列目、

DAYTONA (47714) デイトナ GIVIエアロスクリーン F650GS('00~'03)

●商品番号 47714

●商品名 デイトナ GIVIエアロダイナミックスクリーン D234S

●対応車種 
BMW
F650GS('00~'03)
※ハンドガード装着車は不可。

●商品説明 
ツーリングシーンを牽引する「GIVI(ジビ)」社プロダクトのアクリル製スクリーン。
ロングツーリング時の空気抵抗による疲労を低減。
低速からエアロ効果を発揮し、ストリートからロングツーリングまで幅広くライダーの負担を軽減。
スクリーンカラーはセミスモーク。
(H411×W340mm)

、その線で合理的にいきてゆくのである。この反面 、男性の兄が、何とか現状を打ち破り、法律を曲げても、状態をよくするために行動するのと男性と対照的であるという。そして、そのような兄の行動を、情に流されて無駄骨を折っているとよく思ったとのことだった。この場合、自分と好対照をなす兄の像が影であることはいうまでもない。何か逮捕されるような反社会的なことをした点にもそれがはっきりと表れている。ここで興味深いのは、それからあとの話の筋で、この男性と影との間に微妙な役割の変化や関係が生じてくることである。逮捕よりは切腹をよしとして兄は死のうとし、自分もそれは当然だと思う。このあたりは社会的規範にそって合理的に生きている男性の態度がよくでているが、反社会的な影の兄まで、この規範にそっているところ(反社会的ならば切腹などしないで、逃げ出すはずである)が興味深い。そして、最後の瞬間に、この人の態度が逆転し、社会的通念、切腹をよしとする考えに反して プロジェクトミュー ブレーキパッド HC-CS リア用 ファミリア BG8Z(車台No.101880~) 89.1~91.1 送料無料、生きることを兄に進めて、死なないでと叫ぶのである。情に流されて、無駄骨を折っている兄を笑っていた男性がここでは、自分の心のなかに流れる感情に従って、社会的通年を破って行動する(夢の中ではあるが)。このようにして、彼は自分の影の死を救ったのである。そして、生きている限り話あえる」と叫んだことも意義が深い。この男性は今後、この死を免れた影との対話を続けることによって 【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ GS1200SS 赤 SU040-022-0705 JP店、おそらく生き方をかえてゆくべきことが示唆されているからである。

この例にみられるように、影は常に悪とは限らない。この男性の場合であれば、行動的、感情のおもむくままに生きることは馬鹿げて見えたり、いやだったりしたことであろうが、それはむしろ、今後、自分の中に取り上げられ、生きてゆかねばならない点と考えられる。つまり、今までそのひととしては否定的に見てきた生き方や考え方の中に、肯定的なものを認め、それを意識の中に同化してゆく努力がなされねばならない(must make effort)のである。このような過程が分析において生じるのであって、これをユングは自我の中に影を統合してゆく過程として重要視している。分析はロールシャッハテストで何が見えるかとか何型かとかこんなところがありますが、こんなところはありません。といったような一般人がイメージする簡単に終わるものでは決してない。自分で今まで気づいていなかった、欠点や否定的な面を知り、それに直面して、その中に肯定的なものを見出し、生きてゆこうとする過程は、予想外にあるいは予想通りに苦しい。影の自我への統合といっても、実際にするとなると、なかなか容易ではない。

私(著者)の主治医だった精神科の医師は、私が、人生は自分との殴り合いではないか、という問いに対して、「影を殺してはいけない。握手をするのだ。影を殺してしまっては自分も死んでしまうからね」といった。また、私の内面的な攻撃性について、生命力の源であるから、

DAYTONA (47714) デイトナ GIVIエアロスクリーン F650GS('00~'03)

、否定するものではない。とも言った。