>  > Cycra 1CYC-0900-42 ホワイト Plastic Motorcycle Stadium フロント ナンバー プレート (海外取寄せ品)

Acerbis Super Motard フロント Fender 2000 CR レッド - フィット: ヤマハ XT250 1980-1984 (海外取寄せ品) | トップページ | カンディード »

2009年5月 7日 (木)

1CYC-0900-42 Cycra Plastic Motorcycle プレート Stadium (海外取寄せ品) フロント (海外取寄せ品) Cycra ナンバー ホワイト

ふたたび神戸映画資料館へ出向いたゾ。(2009年5月5日)
シアチェン - 氷河の戦闘(Siachen : A War for ice)を観賞した。2006年のスイス作品だ ヤマハ YFZ 350 Banshee 1987-2006 ATV エアー フィルタ OCP-8002-AF3 (海外取寄せ品)。

1947年のインドとパキスタンの分離独立 【純正】DAIHATSU WAKE ダイハツ ウェイク【LA700S LA710S】  システムバーセット(アッパー)[999-02060-M5-271/08635-K2001×2]。その時点で国境が確定しなかった地域があった。ヒマラヤ山脈の西に位置し、一年中氷河に覆われた6000メートル級の山々。カシミールの北東に位置するシアチェンだ。
(「シア」は薔薇のこと。シアチェンの地名はここから。)

[観光と軍事が並立する地]
パキスタン側の平地から上がるとアスコン峡谷に至る。車で行けるのはここまで。車道も無くなる。ここからは徒歩かラバのみ。
軍がヘリを飛ばせるのは好天のみ。悪天でも行けるラバで灯油を山頂の基地へ運ぶのは、民間業者だ。
氷河ではラバも転ぶし、死にもする。ラバ一頭は1,000ドル。

アジア最高峰のK2を擁するこの一帯は、観光と軍事の重要拠点が併存する。
急峻な山、雪崩、谷底へ崩れ落ちる雪原。ダイナミックな映像だった。
7,000m級の山々がそびえ立つ。軍事行動は好天のみ。

その山脈の向こう側は、インド軍の拠点となる。
こちらも最重要物質、石油をこちらはトラックで運ぶ。ヘリも併存。
一部には石油のパイプライン ▼フロントロアアーム▼トヨタ ハイエース KDH223B 右用。液漏れ、環境破壊。

[バルトロ氷河で暮らす]
パキスタン軍の最前線、バルトロ Baltoro氷河。ここから隊列を組み、パトロールに出る。交代要員4名とガイド担当が2名の隊列だ。雪原を歩き、歩く。高度5,700メートルで、季節は6月。足下はぬかるみ、時に下半身が雪と泥の中へ沈む。
体力の消耗は激しく、陸軍の精鋭といえども、3分で先頭を交代させる。
ニット帽とサングラスは必携だ。雪焼けでさらに顔が黒くなる。

高度6,000メートルにある哨戒基地に到達。テントではなく、シェルターだ。交代要員はこれから1ヶ月間をここで過ごす。ここを拠点に、さらにパトロールを行い、この中でコーランを読み、礼拝を行い、生活するのだ。
指揮官は語る。最大の敵は天候だ。この地での任務は、もはや技量や体力の問題ではなく、士気の問題だ。
「気合いを入れろ、野郎ども!」
「おおっ!」(と僕には聞こえた。)

雪原に突如、現れたのは、なんと鉄条網だ! こんな辺境の地でも「境界線」は重要なのか。
ロープで全員の体をくくり、脱落者に備える。
で、なぜ、彼らはこんな過酷な環境に身をさらすのか?

[対峙のはじまり]
NJ9842と呼ばれるポイントの北側はインド、パキスタンとも暗黙の了解のもと、境界の未策定地域としてきた。1970年、パキスタン側が境界の設定を通告し、西側を制圧。これに反する形でインド軍も部隊を派遣した。当時のインド軍派遣部隊指揮官は語る。
「偵察を目的に少数の部隊で乗り込んだ。パキスタン側は大規模な部隊を展開しており、ここでわれわれが引くと、シアチェン全域が制圧されてしまう。わたしは越冬を決意した」
これが現在まで続く、両軍の対峙の始まりとなった。以降、20年間、全面戦争に発展しないよう配慮しつつ、これまでに4,000人もの戦死者を出してきた。

Googleマップで確認したら、この地域に国境線は引かれていない。曖昧なままでも衝突を回避できるなら、まだマシというもの。

[意味のある対立なのか?]
両軍とも、地元の理解を得るために苦心しているようだ 。パキスタンのカイラット中尉は語る。バルチ族の村に学校と病院を建設し、運営している。さらに自軍の兵士にも気を遣い、わざわざ電話回線まで確保したという。「家族との通話が精神衛生上、不可欠であり、士気の維持にも繋がる」 そう、士気が大切なのだ。インド軍指揮官も士気の重要性を語った。

そのインド軍はどうしているか。シアチェンのすぐ南側は、欧米人と日本人が訪れる観光地、ラダックだ。その中心地、レー Lehには、10万人の一般市民と10万人の軍人が暮らしている。市民一人あたり、兵士一人。こんな地域はここだけだろう。
で、ラダックの地元民は、軍需品の輸送、飲食店の経営等、軍の活動に頼っているのが現実だ。「戦争は必要悪。カネになる」とインタビューで答えたのは、若い地元民だ。

そのレーからラダックの北へ抜けると、山頂のインド軍前線基地がある。総員600名もの兵士を擁するという。夏でも全方位、雪景色。ピッケルとスパイク。

Cycra 1CYC-0900-42 ホワイト Plastic Motorcycle Stadium フロント ナンバー プレート (海外取寄せ品)

『Cycra 1CYC-0900-42 ホワイト Plastic Motorcycle Stadium フロント ナンバー プレート (海外取寄せ品)』





サイズ サイズ:4 x 61 x 38 cm
重さ 重さ:181g
商品説明
Cycra 1CYC-0900-42 White Plastic Motorcycle Stadium Front Number Plate
注意事項 *当店は海外の正規品のみお取り扱いしておりますので、ご安心ください
*万が一お届けした商品に不具合など御座いましたらご連絡ください
*海外お取り寄せ商品ですので、輸送中に若干の箱の潰れやキズなどが生じる恐れがあります
*ご注文後のサイズ変更やキャンセルはお受け致しかねますので、ご了承ください
*パッケージや説明書などは基本的に英語表記となっております
*商品が電化製品の場合、基本的には電圧などは海外仕様となっておりますのでご留意ください
*システムエラーにより正しい価格が表示されていない場合にはご注文をキャンセルさせて頂く事も御座いますのでご了承ください
*本商品が無線機器である場合、電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼付されていない無線機器であり、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがございます。ご使用の際には、十分ご注意下さいますようお願いいたします。詳しくは、最寄りの総務省総合通信局へお問い合わせ下さい。

配送について こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となっておりますので、お客様の元へお届けするまでに通常ですと2~4週間程お時間を頂いております。
ご注文後の
在庫確認について
在庫状況は常に更新しておりますが、ネットワークの問題や注文の集中により在庫切れとなってしまう場合が御座います。ご注文後、在庫確認の上、受注確認メールにてご連絡させて頂きますので、ご了承ください。


。こちらも全員の体をロープでつなぎ、氷上を歩く。

高山病にかかる兵士。凍傷に苦しむ兵士。前線基地の軍医は大忙しだ。

1999年に勃発したカルギル戦争Kargil War の背景がわかった。
カルギル周辺を制圧すれば、インド側の補給線は極端に制限され、シアチェンの占有が確実となる、か。

それにしても、この睨み合いを維持するために必要な年間予算は、実に1,000万ドル!(2004年の実績)
自国民を満足に食べさせることもできない国家としては、多大な損失だろうに。
政治は何をしているのか?

[環境へのインパクト]
制作サイドは、これを強く訴えていた。20年間の対峙で対流したゴミ PMC 【ピーエムシー】 シートCOMP タックロール ZRX1100-DAEG 【151-0121】。毎日1万トンものゴミが出る(? 誇張しすぎ? 翻訳ミス?) で、キチンと平地まで持ち帰っているのか? 否! 軍はなんと、雪の下に隠すのだ! 飲み物の空缶、小銃の空薬莢はかわいいほうで、燃料のドラム缶や、撃墜されたヘリコプターまでも。
で、漏れた燃料はどこへ向かうのか? 氷河にしみこみ、汚染するだけなのか?
南アジアの母なるインダス川 TOYOTIRES トーヨー ナノエナジー3プラス NANOENERGY3plus サマータイヤ 195/55R15 KYOHO SEIN-SS ザインSS ブラック ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +45 5穴 114.3。その水源がシアチェン氷河であることは、何を意味するのか……?

「ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009」の公式HP。
http://himalaya2009.jakou.com/index.html

「シアチェン - 氷河の戦闘」の公式HP。
http://www.siachen.ch/front_content.php