>  > 【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ シグナスX/SR タンデムバー 652-0411900 【送料無料・北海道・沖縄除く】

階差数列を用いてもとの数列の一般項を求める方法を紹介します.簡単な原理に基づいていて,結構使用頻度が多いので,ぜひマスターしましょう.




【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ シグナスX/SR HY34(NA) タンデムバー 652-0411900 【送料無料・北海道・沖縄除く】 ブラック

与えられた数列の一般項を求める方法として,隣り合う $2$ つの項の差をとって順に並べた数列を考える方法があります.

数列 $\{a_n\}$ の隣り合う $2$ つの項の差 $b_n=a_{n+1}-a_n (n=1,2,3,\cdots)$ を項とする数列 $\{b_n\}$ を,数列 $\{a_n\}$ の階差数列といいます.



つまり,数列が $3,10,21,36,55 HKS スーパーファイヤーレーシング M35 4本セット NGK7番相当 プラグ フェスティバ DAJPF 50003-M35 SUPER FIRE RACING スパークプラグ【店頭受取対応商品】,78 ■国産エアロパーツ!保証付き!!NEW MODEL/EUROUレクサス GS350 GS430 GS450h 前期リアマッドディフューザー エアロパーツ,\cdots$ というように与えられたとします.この数列がどのような規則にしたがって並べられているのか,一見しただけではよくわかりません.そこで,この数列の階差数列を考えると,それは, $7,11,15,19,23,\cdots$ と等差数列になります.したがって一般項が簡単に求められます.そして,この一般項を使って,元の数列の一般項を求めることができるのです.

まとめると,階差数列の一般項がわかればもとの数列の一般項がわかるということです.

階差数列と一般項

実際に,階差数列の一般項から元の数列の一般項を求める公式を導いてみましょう.

数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると, $b_1=a_2-a_1$ $b_2=a_3-a_2$ $b_3=a_4-a_3$ $\vdots$ $b_{n-1}=a_n-a_{n-1}$ これら $n-1$ 個の等式の辺々を足すと,$n \ge 2$ のとき, $b_1+b_2+\cdots+b_{n-1}=a_n-a_1$ となります.したがって,次のことが成り立ちます.

階差数列と一般項: 数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると,$n \ge 2$ のとき , $\large a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_k$ が成り立つ.

これは,階差数列の一般項から,元の数列の一般項を求める公式です.


652-0411900 タンデムバー 【送料無料・北海道・沖縄除く】 シグナスX/SR 【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ 【送料無料・北海道・沖縄除く】 シグナスX/SR

・$b_n$ の和は >

ホーム >> 数列 >> 階差数列を用いて一般項を求める方法

階差数列を用いてもとの数列の一般項を求める方法を紹介します.簡単な原理に基づいていて,結構使用頻度が多いので,ぜひマスターしましょう.




階差数列とは

与えられた数列の一般項を求める方法として,隣り合う $2$ つの項の差をとって順に並べた数列を考える方法があります.

数列 $\{a_n\}$ の隣り合う $2$ つの項の差 $$b_n=a_{n+1}-a_n (n=1,2,3,\cdots)$$ を項とする数列 $\{b_n\}$ を,数列 $\{a_n\}$ の階差数列といいます.



つまり,数列が $$3,10,21,36,55,78,\cdots$$ というように与えられたとします.この数列がどのような規則にしたがって並べられているのか,一見しただけではよくわかりません.そこで,この数列の階差数列を考えると,それは, $$7,11,15,19,23,\cdots$$ と等差数列になります.したがって一般項が簡単に求められます.そして,この一般項を使って,元の数列の一般項を求めることができるのです.

まとめると,階差数列の一般項がわかればもとの数列の一般項がわかるということです.

階差数列と一般項

実際に,階差数列の一般項から元の数列の一般項を求める公式を導いてみましょう.

数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると, $$b_1=a_2-a_1$$ $$b_2=a_3-a_2$$ $$b_3=a_4-a_3$$ $$\vdots$$ $$b_{n-1}=a_n-a_{n-1}$$ これら $n-1$ 個の等式の辺々を足すと,$n \ge 2$ のとき, $$b_1+b_2+\cdots+b_{n-1}=a_n-a_1$$ となります.したがって,次のことが成り立ちます.

階差数列と一般項: 数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると,$n \ge 2$ のとき, $$\large a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_k$$ が成り立つ.

これは,階差数列の一般項から,元の数列の一般項を求める公式です.


注意点

・$b_n$ の和は $1$ から $n$ までではなく,$1$ から $n-1$ までです.

・この公式は $n \ge 2$ という制約のもとで $a_n$ を求めていますので,$n=1$ のときは別でチェックしなければいけません.ただし,高校数学で現れる大抵の数列 (ひねくれていない素直な数列) は,$n=1$ のときも成り立ちます.それでも答案で記述するときには,必ず $n \ge 2$ のときで公式を用いて $n=1$ のときは別でチェックするという風にするべきです.それは,自分はこの公式が $n \ge 2$ という制約のもとでしか使用できないことをきちんと知っていますよ!と採点者にアピールするという側面もあるのです.

階差数列を使う例題

実際に階差数列を用いて数列の一般項を求めてみましょう.もちろん,階差数列をとってみるという方法はひとつの指針であって,なんでもかんでも階差数列で解決するわけではないです.しかし,階差数列を計算することは簡単にできることなので,とりあえず階差をとってみようとなるわけです.

階差数列が等差数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$3,7,13,21,31,43,57,\cdots$$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $4,6,8,10,12,14,\cdots$ です.これは,初項 $4$,公差 $2$ の等差数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=2n+2$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=3+\sum_{k=1}^{n-1} (2k+2) $$ $$=3+n(n-1)+2(n-1)=n^2+n+1$$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので,求める数列の一般項は,$n^2+n+1$ です.

階差数列が等比数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$2,5,11,23,47,95,191,\cdots$$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $3,6,12,24,48,96,\cdots$ です.これは,初項 $3$,公比 $2$ の等比数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=3\cdot2^{n-1}$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} 3\cdot2^{k-1} $$ $$=2+\frac{3(2^{n-1}-1)}{2-1}=3\cdot2^{n-1}-1$$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので,求める数列の一般項は,$3\cdot2^{n-1}-1$ です.

$2$ 回階差をとるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$2,12,36,80,130,252,392,\cdots$$

→solution

与えられた数列を $\{a_n\}$ とします.その階差数列 $\{b_n\}$ は $$10,24,44,70,102,140,\cdots$$ ですが,これではまだ規則性が見えてきません.そこで,もう一度階差をとってみます.$\{b_n\}$ の階差数列 $\{c_n\}$ は, $$14,20,26,32,38,\cdots$$ です.これは,初項 $14$,公差 $6$ の等差数列です.したがって,$\{c_n\}$ の一般項は $c_n=6n+8$ です.ゆえに,$\{b_n\}$ の一般項は $n \ge 2$ のとき, $$b_n=b_1+\sum_{k=1}^{n-1} c_n=10+\sum_{k=1}^{n-1} (6k+8)=10+3n(n-1)+8(n-1)=3n^2+5n+2$$ です.$b_1=10$ なのでこれは $n=1$ のときも成立します.したがって,$b_n=3n^2+5n+2$ です.ゆえに,$\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} (3n^2+5n+2)=2+\frac{1}{2}n(n-1)(2n-1)+\frac{5}{2}n(n-1)+2(n-1)$$ $$=n^2(n+1)$$ です.$a_1=2$ なので,これは $n=1$ のときも成立します.よって,求める数列の一般項は, $$n^2(n+1)$$ となります.




$ から $n$ までではなく,>
ホーム >> 数列 >> 階差数列を用いて一般項を求める方法

階差数列を用いてもとの数列の一般項を求める方法を紹介します.簡単な原理に基づいていて,結構使用頻度が多いので,ぜひマスターしましょう.




階差数列とは

与えられた数列の一般項を求める方法として,隣り合う $2$ つの項の差をとって順に並べた数列を考える方法があります.

数列 $\{a_n\}$ の隣り合う $2$ つの項の差 $$b_n=a_{n+1}-a_n (n=1,2,3,\cdots)$$ を項とする数列 $\{b_n\}$ を,数列 $\{a_n\}$ の階差数列といいます.



つまり,数列が $$3,10,21,36,55,78,\cdots$$ というように与えられたとします.この数列がどのような規則にしたがって並べられているのか,一見しただけではよくわかりません.そこで,この数列の階差数列を考えると,それは, $$7,11,15,19,23,\cdots$$ と等差数列になります.したがって一般項が簡単に求められます.そして,この一般項を使って,元の数列の一般項を求めることができるのです.

まとめると,階差数列の一般項がわかればもとの数列の一般項がわかるということです.

階差数列と一般項

実際に,階差数列の一般項から元の数列の一般項を求める公式を導いてみましょう.

数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると, $$b_1=a_2-a_1$$ $$b_2=a_3-a_2$$ $$b_3=a_4-a_3$$ $$\vdots$$ $$b_{n-1}=a_n-a_{n-1}$$ これら $n-1$ 個の等式の辺々を足すと,$n \ge 2$ のとき, $$b_1+b_2+\cdots+b_{n-1}=a_n-a_1$$ となります.したがって,次のことが成り立ちます.

階差数列と一般項: 数列 $\{a_n\}$ の階差数列を $\{b_n\}$ とすると,$n \ge 2$ のとき, $$\large a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_k$$ が成り立つ.

これは,階差数列の一般項から,元の数列の一般項を求める公式です.


注意点

・$b_n$ の和は $1$ から $n$ までではなく,$1$ から $n-1$ までです.

・この公式は $n \ge 2$ という制約のもとで $a_n$ を求めていますので,$n=1$ のときは別でチェックしなければいけません.ただし,高校数学で現れる大抵の数列 (ひねくれていない素直な数列) は,$n=1$ のときも成り立ちます.それでも答案で記述するときには,必ず $n \ge 2$ のときで公式を用いて $n=1$ のときは別でチェックするという風にするべきです.それは,自分はこの公式が $n \ge 2$ という制約のもとでしか使用できないことをきちんと知っていますよ!と採点者にアピールするという側面もあるのです.

階差数列を使う例題

実際に階差数列を用いて数列の一般項を求めてみましょう.もちろん,階差数列をとってみるという方法はひとつの指針であって,なんでもかんでも階差数列で解決するわけではないです.しかし,階差数列を計算することは簡単にできることなので,とりあえず階差をとってみようとなるわけです.

階差数列が等差数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$3,7,13,21,31,43,57,\cdots$$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $4,6,8,10,12,14,\cdots$ です.これは,初項 $4$,公差 $2$ の等差数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=2n+2$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=3+\sum_{k=1}^{n-1} (2k+2) $$ $$=3+n(n-1)+2(n-1)=n^2+n+1$$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので,求める数列の一般項は,$n^2+n+1$ です.

階差数列が等比数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$2,5,11,23,47,95,191,\cdots$$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $3,6,12,24,48,96,\cdots$ です.これは,初項 $3$,公比 $2$ の等比数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=3\cdot2^{n-1}$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} 3\cdot2^{k-1} $$ $$=2+\frac{3(2^{n-1}-1)}{2-1}=3\cdot2^{n-1}-1$$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので,求める数列の一般項は,$3\cdot2^{n-1}-1$ です.

$2$ 回階差をとるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $$2,12,36,80,130,252,392,\cdots$$

→solution

与えられた数列を $\{a_n\}$ とします.その階差数列 $\{b_n\}$ は $$10,24,44,70,102,140,\cdots$$ ですが,これではまだ規則性が見えてきません.そこで,もう一度階差をとってみます.$\{b_n\}$ の階差数列 $\{c_n\}$ は, $$14,20,26,32,38,\cdots$$ です.これは,初項 $14$,公差 $6$ の等差数列です.したがって,$\{c_n\}$ の一般項は $c_n=6n+8$ です.ゆえに,$\{b_n\}$ の一般項は $n \ge 2$ のとき, $$b_n=b_1+\sum_{k=1}^{n-1} c_n=10+\sum_{k=1}^{n-1} (6k+8)=10+3n(n-1)+8(n-1)=3n^2+5n+2$$ です.$b_1=10$ なのでこれは $n=1$ のときも成立します.したがって,$b_n=3n^2+5n+2$ です.ゆえに,$\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $$a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} (3n^2+5n+2)=2+\frac{1}{2}n(n-1)(2n-1)+\frac{5}{2}n(n-1)+2(n-1)$$ $$=n^2(n+1)$$ です.$a_1=2$ なので,これは $n=1$ のときも成立します.よって,求める数列の一般項は, $$n^2(n+1)$$ となります.




$ から $n-1$ までです.

・この公式は $n \ge 2$ という制約のもとで $a_n$ を求めていますので,$n=1$ のときは別でチェックしなければいけません.ただし,高校数学で現れる大抵の数列 (ひねくれていない素直な数列) は,$n=1$ のときも成り立ちます.それでも答案で記述するときには,必ず $n \ge 2$ のときで公式を用いて $n=1$ のときは別でチェックするという風にするべきです.それは,自分はこの公式が $n \ge 2$ という制約のもとでしか使用できないことをきちんと知っていますよ!と採点者にアピールするという側面もあるのです.

階差数列を使う例題

実際に階差数列を用いて数列の一般項を求めてみましょう.もちろん,階差数列をとってみるという方法はひとつの指針であって,なんでもかんでも階差数列で解決するわけではないです.しかし,階差数列を計算することは簡単にできることなので,とりあえず階差をとってみようとなるわけです.

階差数列が等差数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $3,7,13,21,31,43,57,\cdots$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $4,6,8,10,12,14,\cdots$ です.これは,初項 $4$,公差 $2$ の等差数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=2n+2$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=3+\sum_{k=1}^{n-1} (2k+2) $ $=3+n(n-1)+2(n-1)=n^2+n+1$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので 【USA在庫あり】 コメティック COMETIC ウォーターポンプ補修キット 09年-16年 KX250F 0934-5392 HD店,求める数列の一般項は,$n^2+n+1$ です.

階差数列が等比数列となるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $2,5,11,23,47,95,191 プロジェクトμ ブレーキパッド B-SPEC フロント用 マスターエース CR30G/37G・ YR30G/36G 85.10~92.1 プロジェクトミュー,\cdots$

→solution

階差数列 $\{b_n\}$ は $3,6,12,24,48,96,\cdots$ です.これは,初項 $3$,公比 $2$ の等比数列です.したがって,$b_n$ の一般項は,$b_n=3\cdot2^{n-1}$ です.ゆえに,もとの数列 $\{a_n\}$ の一般項は,$n \ge 2$ のとき, $a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} 3\cdot2^{k-1} $ $=2+\frac{3(2^{n-1}-1)}{2-1}=3\cdot2^{n-1}-1$ となります.これは $n=1$ のときも成立するので,求める数列の一般項は,$3\cdot2^{n-1}-1$ です.

$2$ 回階差をとるパターン

 次の数列の一般項を求めよ. $2,12,36,80,130,252,392,\cdots$

→solution

与えられた数列を $\{a_n\}$ とします.その階差数列 $\{b_n\}$ は $10,24,44,70,102,140,\cdots$ ですが,これではまだ規則性が見えてきません.そこで 【イベント開催中!】 TROY LEE トロイリー 膝プロテクター・ニーガード TDV018 KGL5450 ニーシンガード サイズ:L,もう一度階差をとってみます.$\{b_n\}$ の階差数列 $\{c_n\}$ は, $14,20,26,32,38,\cdots$ です.これは,初項 $14$,公差 $6$ の等差数列です.したがって,$\{c_n\}$ の一般項は $c_n=6n+8$ です.ゆえに,$\{b_n\}$ の一般項は $n \ge 2$ のとき, $b_n=b_1+\sum_{k=1}^{n-1} c_n=10+\sum_{k=1}^{n-1} (6k+8)=10+3n(n-1)+8(n-1)=3n^2+5n+2$ です.$b_1=10$ なのでこれは $n=1$ のときも成立します.したがって,$b_n=3n^2+5n+2$ です.ゆえに,$\{a_n\}$ の一般項は,

【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ シグナスX/SR タンデムバー 652-0411900 【送料無料・北海道・沖縄除く】 の最新アイテム

【イベント開催中!】 HONDA RIDING GEAR ホンダ ライディングギア オンロードブーツ ミドルブーツ サイズ:25.5cm;プロジェクトμ ブレーキパッド B-SPEC フロント用 アリオン ZZT240 01.12~ プロジェクトミュー;モンキー(MONKEY) ULTRAドライブキット タイプX クラッチカバーシルバー/5速クロスミッションASSY-タイプ3 KITACO(キタコ)

【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ シグナスX/SR タンデムバー 652-0411900 【送料無料・北海道・沖縄除く】;【USA在庫あり】 エムエスアール MSRHP ミニバイク スタンド 黒 342379 HD店;クラッチレリーズ チタンゴールド ZZR1200(02年~) K-FACTORY(ケイファクトリー);DIXCEL (ディクセル) リア ブレーキローター SD 1156405 メルセデスベンツ W221 221086 06/11~ S550 4MATIC;【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 09年以降 トライアンフ 675ストリートトリプルR シルバー TR002-016-0703 JP店

ルーミー シートカバー M900A M910A 一台分 アルティナ 2580 プレシャスレザー, [CUSCO] クスコ LSD タイプRS スペックF 1.5way(1.5&2way) リヤ マークX GRX121 2004年11月~2009年10月 3GR-FSE 3.0 FR AT 標準デフ:オープン, 【送料無料】 205/55R16 16インチ BRANDLE ブランドル M71BP 6J 6.00-16 KINGSTAR キングスター SK10 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション, 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:エスティマ(50系 4WD)】HOT STUFF エクシーダー E03 ダークシルバー 7.0Jx17Bluearth RV-02 215/60R17, 【USA在庫あり】 マック MAC Performance フルエキゾースト 2.25インチ スラッシュバック スタッカード 87年-01年 バルカン VN1500 黒 206260 HD MT-09(14年~) マウンティングキット(クラッシュパッド別売) LSL(エルエスエル)

,$n \ge 2$ のとき, $a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1} b_n=2+\sum_{k=1}^{n-1} (3n^2+5n+2)=2+\frac{1}{2}n(n-1)(2n-1)+\frac{5}{2}n(n-1)+2(n-1)$ $=n^2(n+1)$ です.$a_1=2$ なので,これは $n=1$ のときも成立します.よって,求める数列の一般項は,

【○在庫あり→1月8日出荷】キタコ シグナスX/SR タンデムバー 652-0411900 【送料無料・北海道・沖縄除く】

, $n^2(n+1)$ となります.




{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-81079